日本モンゴル友好ハッピー協会

日本モンゴル友好ハッピー協会

設立趣意書

 2011年の東日本大震災時には、各国から多くの人的・物的支援がありました。
 特に、これまで日本から政府開発援助を受けてきた国からの支援も数多くありました。その中の国の一つにモンゴル人民共和国があります。
 モンゴルについては、日本人が幼児期に蒙古斑が表れていることなどから分かるように、同じ祖先をもつと言われています。
 1990年代以降日本とモンゴルは経済交流が盛んになり、昨今のモンゴル力士の日本国技であえる相撲での活躍を見てもわかる通り、人的・文化的交流も盛んになっております。また、モンゴル人の7割が日本に対して好意的に思っているという世論調査のデータもあります。

 そこで、日本モンゴル友好ハッピー協会は、日本とモンゴル国民の友好親善を目的とし、互いに相互理解を深め、親善交流を盛んにしてさらに信頼を高め、モンゴル国の発展の一助となることを目的とし、まずは、モンゴル国の教育の発展と産業の活性化を主な活動とします。
 当面の活動としては、日本で使用済みのランドセルをモンゴルの子供たちに送り、厳寒の中でも安全に子供たちが通学出来、就学率の向上と教育の発展に寄与していきたいと考えております。さらに、モンゴルの物産を日本国内での普及につとめ、モンゴル経済の発展にも努めていきたいと思います。

≪目的・事業≫

ページのトップへ戻る